Google
 

2007年02月08日

それでもボクはやってない

070204boku.jpg

キチタロ見ました「それでもボクはやってない」。

それでもボクはやってない 公式サイト
http://www.soreboku.jp/index.html

この映画、いろいろと考えさせられます。
キチタロの感想としては、、、難しいのですが、、、、。
裁判官も検察官も弁護士も、だれも主人公(ボク)の視線では、
物事を考えてはくれない。現実(人間社会)はそんなものだと
思って生きてきたつもりでしたが、まざまざと見せられると
やはりグラッとくるものはありました。

確かに主人公(ボク)の行動は疑いをかけられるだけの、
意味不明な行動を行ったと思いますが、それよりなにより
警察官も裁判官も検察官も弁護士もこの被告人が
被告であるということ自体を、
否定しているように思えました。

警察官は警察官であり、裁判官は裁判官でしかない
そこには人はおらず。役目と役目の狭間で冤罪がうまれるのか、、、。

でしゃばったことをいってますが、
犬もくわんとはこのことです。


banner_02.gif←キチタロへの応援求む!ブログランキング参加中♪
posted by キチタロ at 00:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(7) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト



パイレーツ・オブ・カリビアンは1の時に大ファンになり、
このデッドマンズ・チェストではむぅふらふら
首をかしげたくちの、キチタロ犬です。

デッドマンズ・チェストはたこ怪人ドコモポイントが、ジョニーデップ
演じる船長、ジャック・スパロウとの約束を果たしに来る
ストーリーです。1で大活躍したジャック・スパロウが
おびえるたこ怪人ドコモ提供との約束、、、。
そして、怖いだけでなくコミカルなつくりもこの映画の
人気のあるところです。

今も3が制作中ですし人気シリーズであることは
まちがいなしexclamation×2
3ではローリングストーンズのキース・リチャーズも
出演するそうですし、期待度は高まるばかりです。


banner_02.gif←キチタロへの応援求む!ブログランキング参加中♪
posted by キチタロ at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

映画 どろろを見た!

0000000000000001.png
やっとみましたよるんるん
どろろです。

どろろ 公式ページ
http://www.dororo.jp/

テレビやらCMやらで、色々と露出していましたが、
キチタロは妻夫木聡や柴崎コウが、知ったような事をいっている
インタビューがいやでなりませんでした。

でも、予告編や映像を見る限りでは、非常におもしろそうで、、、。

劇場はやはり人気作品ということもあり、
多くの人が来場していました。
物語も非常に楽しい。途中のCGはなんだろな?と
思うところもありましたが、全般おもしろかったのですexclamationexclamation

親、子供、恋人、友人。人と獣、生きることと死ぬこと。
野望と希望、色々なことを含んだ物語です。


banner_02.gif←キチタロへの応援求む!ブログランキング参加中♪
posted by キチタロ at 22:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

マンダレイとドッグヴィル

TUTAYAでマンダレイをかりました。
マンダレイとは、、、あの衝撃作「ドッグヴィル」の続編。



ドッグヴィルは見たときにほんとに苦しくて仕方なかった、、、。
映画としては完璧だが、目を背けたくなるほどリアルだった。

続編、マンダレイもドッグヴィルと同じ手法で撮影され、
同じ衝撃を与えます。だましだまされ怠惰で汚い。
犬は人間の心はよく分かりませんが、
これが真実であると認めることは大切かもしれません。

ご興味のある方、心臓の強い方は一度みてみてはいかがでしょう?


banner_02.gif←キチタロへの応援求む!ブログランキング参加中♪
posted by キチタロ at 23:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

鉄コン筋クリート

tetukon-thumbnail2.jpg
これも最近みたさ。
とっても不思議な映画でした。



ここでも犬は神聖なものとして描かれていました。

しかし、意外にも映画館には小学生くらいの
子供が多くて驚きました。
たぶん、子供向けと勘違いされているのかと、、、。

実際内容はとてもシリアスで、描写もえぐいものがあります。
子供を連れて行くときには、トラウマ覚悟で注意が必要です。

こういった映画は今までにないものですので、
一見の価値はあるかと、、、、犬


http://tekkon.net/index.html


banner_02.gif←キチタロへの応援求む!ブログランキング参加中♪
posted by キチタロ at 02:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンスターハウス

20061229131808.jpg

モンスターハウスみましたよ。犬でも映画はみるのですよ。
みなさんは犬は言葉が分からないと考えておられるようですが、
実は非常に知的です。

この映画でも、犬は出てくるのですが、登場人物の中で
1番知的でクールな存在がやはり犬でした。
スティーブンわかってるぅ♪

実際すてきな映画です。


banner_02.gif←キチタロへの応援求む!ブログランキング参加中♪
posted by キチタロ at 00:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。