Google
 

2007年11月08日

パンズ・ラビリンス

今日は映画の紹介です。
大人のためのファンタジー。パンズ・ラビリンス。

move071007-thumbnail2.jpg
パンズラビリンス
http://www.panslabyrinth.jp/

正直、後味の悪い映画です。
ファンタジーという言葉に踊らされて、見に行くと痛い目に遭います。

全体に青くしめった雰囲気。
出てくる妖精も不思議、ふしぎ。

ファンタジーの中でリアルな人々のこころを描いたということでしょうか?
とっても痛くなります。
posted by キチタロ at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65361675

この記事へのトラックバック

パンズ・ラビリンス 「逃げ場のない刹那さ」
Excerpt: カテゴリに入れるならホラー、しかしホラーでない? ダーク・ファンタジーと銘打たれた「パンズ・ラビリンス」作品概要については公式及びwikiを参照してください。多くの賞を取ってい...
Weblog: CARAMEL*PAPA
Tracked: 2007-12-22 19:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。