Google
 

2007年02月04日

国立新美術館 レポート〜日本の表現力〜

以前ブログ(http://kichitaro.seesaa.net/article/31984466.html)でも、
書いた国立美術館へ彼女タロ猫と行ってきましたexclamation

〜国立新美術館〜
http://www.nact.jp/

P1060015.jpgP1060014.jpg

以前から一度見てみたいとおもっていた、文化庁メディア芸術祭
10周年企画展をみるぞexclamationと意気込んで六本木駅電車まで。
下車しタクシー車(セダン)を捕まえ「国立新美術館までexclamation」と声をかけると、
タクシーの運転手さんもなれたもんで、あいあいと、、、
連れてってくれました。

やっぱりできたばかりの美術館で、来場者も多いようです。
キチタロも美術館には色々といってる方だと思うのですが、ここまで
にぎやかな美術館もめずらしいなと思いました。

そして、メインの展示ですが、
P1060002.jpg
黒川紀章展と文化庁メディア芸術祭10周年企画展は、
なんと無料!でした。
キチタロも知りませんでしたが、非常にお得な気分るんるん
もうひとつ企画展が有料で行われていましたが、
メインは文化庁メディア芸術祭10周年企画展を見たかったので、
今回は有料企画展はパスしました。

〜黒川紀章展〜
http://www.nact.jp/kishokurokawa/

正直なところ、キチタロは建築には興味はなく、
この黒川紀章さんを知りませんでした。ただ、みなさんも
知っている建築物を多くデザインされています。
もちろん国立新美術館をデザインされたのもこの方です。

展示物に関しては、建築に興味のない方にも
楽しめる内容であったと思います。
私も楽しかったですし、なによりこの黒川さんの
建物に対するテーマとデザインがおもしろい。

実際みていただきたいのですが、たとえば
恐竜の博物館にはたまごがあったりと、
黒川さんの遊び心がキチタロは楽しかったです。


〜文化庁メディア芸術祭10周年企画展〜
http://plaza.bunka.go.jp/ex/index.html

内容についてはあまり書きたくはないのですが、
日本のメディアの変遷を1950年から2000年までを
フィルムや展示物で追っていくことができます。
キチタロの世代ではファミコンや北斗の拳など
感慨深い物が目白押しです(w

その後に、日本の表現力ともいえる
現代アートの展示があり、キチタロとしては
この後半が見せ場であったと思います。

P1060003.jpgP1060004.jpg

〜Cafe CARRE〜
P1060009.jpgP1060008.jpg
CARRE(カレ)は上から見てみると非常に
いい感じにみえるのですが、実際降りてみると、
人が多かったです。

ほら↓いい感じでしょ?
P1060010.jpg

店員も今ひとつで、席の誘導しないので喧嘩になるかも、、、。

建物も新しいですし、非常に気持ちよく過ごせます。
キチタロ犬と彼女タロ猫は黒川紀章展を最初見て、
地下一階のミュージアムショップで少し買い物をし、
同じ階の「CARRE」というCafeでお茶とご飯を食べてから、
文化庁メディア芸術祭10周年企画展を周り、美術館をあとにしました。

P1060001.jpg
とても、楽しい美術館でした。
是非一度、足をお運びください。




banner_02.gif←キチタロへの応援求む!ブログランキング参加中♪


posted by キチタロ at 00:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

★国立新美術館★
Excerpt: 国立新美術館に行ってきました。 乃木坂駅直結、 アクセスの良さにびっくり。 ガラスのカーテンウォール。 設計は黒川紀章氏と日本設計。 6300枚のガラスからなる 不思議な形。 ..
Weblog: WINDS
Tracked: 2007-02-21 20:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。